FC2ブログ

乳房パジェット病とは・中高年の女性が発症しやすい表皮内がん

友人の旦那様がパジェット病になってしまいました。

【パジェット病(ページェット病)とは・高齢者に多い皮膚がん 】



パジェット病は2種類あって、友人の旦那様が罹患した「乳房外パジェット病」と「乳房パジェット病」があり皮膚がんの一種ですが、後者は乳がんのくくりに考えられることもあります。

わたしは乳がんサバイバーですが、不勉強で乳房パジェット病について知らなかったので、調べてみました。




乳房パジェット病とは

① 中高年の女性が発症しやすい表皮内がん(表皮にとどまるがん)です。

② 乳がん全体の1%の発症率です。


乳房パジェット病の症状

① 乳頭、乳輪が赤くなりただれます。

② 進行すると、乳輪を超えて病変が広がったり、乳頭が消失することもあります。

③ 一般的な乳がんのようなしこりが見られないことが多いです。 


乳房パジェット病の治療法

① 病変を外科的手術で切除します。

② 切除範囲が大きい場合には他の部位から皮膚をもってくる皮膚の移植が必要になります。

③ がんが表皮を越えて広がり、リンパ節転移が認められる場合には、加えてリンパ節切除が行われます。

④ 外科的手術がむずかしい場合、治療後に再発した場合には、光線力学的療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)が行われます。



こちらのサイトを参考にさせていただきました⇒【乳房パジェット病】 【乳房外パージェット病の治療方法】

75060_10151544778648210_11768509_n.jpg
〈2011年3月、子宮頸がんの抗がん剤治療を受けました。初日なので元気ですが・・・〉


乳がん全体の1%の罹患率なので、珍しいタイプの乳がんなのだと思います。

乳がんと言えばしこりができると思いがちですが、パジェット病は皮膚がんなのでしこりができません。

そういったタイプの乳がんもあると覚えておいてください。


ランキングサイトに参加しています
クリックしてただくと、順位が上がりはげみになります
たくさんの50代主婦ブログのある、カテゴリーのランキングページに飛びます
コメントもお待ちしています

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

シニアライフ ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

みm

千葉県在住50代女の『みm』です。
旅したり、旅人のように暮らしたりしていましたが、最近は日本を動けずにいます。
子宮頸がんの放射線治療による晩期後遺症、放射線性腸炎闘病中です。

プロフィール

みm

Author:みm
千葉県在住50代女の『みm』です。
旅したり、旅人のように暮らしたりしていましたが、最近は日本を動けずにいます。
子宮頸がんの放射線治療による晩期後遺症、放射線性腸炎闘病中です。

最新記事一覧

入院中の老母の言葉・天使が見えているのかも Aug 16, 2019
老親の入院とその後の身の振り方・家族が決めなければならないことが多くて決断疲れ Aug 13, 2019
深刻な話をしていたら、急に首の後ろがズキズキ・蒸しタオルなどで温め、リラックスして Aug 04, 2019
その頭痛、脱水症状かも・とにかく普段から水分補給&本物の経口補水液を準備しておこう Aug 02, 2019
老母が危篤になりました・奇跡的に意識が戻った時の第一声は「ありがとねー」 Jul 30, 2019

フリーエリア